公約実現 実績の「議員団長」

余りにも、この間の市の行政は、大型開発に偏り、市民の福祉・暮らしを後回しにした結果、北摂7市の中で生活基盤の改善が大きく立ち遅れた市政になっています。その中で「市政の無駄のチェック」を一番鋭く追及している共産党議員団の議員団長です。議案提案権で改正案・動議・意見書など提案して市民への公約の実現の為に頑張ってきました。

 市へ、毎年「予算要望書」を出して市民の声や要求を届けています、議員の役割をフルに活かして取り組んでいます。

聞いた意見を国・府・市や警察に申し入れを行い、 身近に役立つ議員として頑張ってきました

街角での相談に耳を傾け、要望の実現のために奮闘し、 市民アンケートでも、生の声を聞きながら市へ要求を届け実現の為に奮闘しています。

茨木川・五日市付近の大量の土砂撤去。(2015年)
大阪府土木事務所に茨木川の堆積した大量の土砂の撤去を申し入れ、上中条1丁目草刈。(2016年8月)
市道3号線(郡4)歩道の段差解消。(5cmから2cmに)改善 (2014年5月)
上泉町 旧丹波橋の跡 草刈。(2016年10月)
山手台の小学校前階段の「手すり安全対策」 (2015年6月)

JR茨木駅バリアフリー化で構内エスカレーター設置(2015年度)

JR茨木駅のバリアフリー化、駅前改善の署名を集め2013年5月に、市やJRの近畿所管事務所(京都)へ提出しました。近隣駅より設備面で遅れていることを訴え、要望書を提出しました。JRは「市と意見交換しながら検討する」と答え、2015年度に設置工事が始まりました。

 

この4年間、市民の皆さんと共にとりくんできた実績「小売り店舗改装事業」の改善に奮闘(小売り、飲食店の改装に半額補助する制度)(2013年度)

“「制度はあるが、申し込みにくい」「1回しか利用できない」「使い道が限られていて利用しにくい」などの声が共産党議員団に寄せられていました。 朝田議員など共産党議員団は他市の状況も調べ、議会で取り上げ改善をもとめました。2015年春からは10年経てばまたこの制度を使えることになり、喜ばれています。しかし、エアコンや厨房機器などにも用途を広げるなど、まだまだ改善すべき課題が多く残っています。”